投資信託 Fx-TYPE.08

投資信託の税金

投資信託に掛かる税金は、一体どのようになっているのでしょうか?

投資信託に対する税金は、選んだ投資信託の型によって違ってきます。
日本で多く見られる投資信託は、契約型公募株式投資信託と、契約型公社債投資信託の三つです。

ここでは、上の代表的な投資信託に掛かる税金について説明したいと思います。

■ 契約型公募株式投資信託

○分配金         → 10%(H20年3月31日まで、それ以降は、20%)
○解約差益・償還差益 → 10%(H20年1月以降は20%)
○譲渡差益        → 10%(H20年1月以降は20%)

■ 契約型公社債投資信託

○分配金         → 20%
○解約差益・償還差益 → 20%
○譲渡差益        →非課税(ただし、証券会社の買い取り価格は差益の20%を差し引いたものになります)


Warning: include_once(/home/jzijjoj9/public_html/inc/randlink.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/jzijjoj9/public_html/cost2.html on line 67

Warning: include_once(): Failed opening '/home/jzijjoj9/public_html/inc/randlink.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/jzijjoj9/public_html/cost2.html on line 67

信託報酬は安いほうがいいのか?

投資信託に掛かる費用やコストについて、書きましたが、中でも信託報酬について考えてみたいと思います。
信託報酬は、保有額や保有期間によって違ってきます。
販売手数料と違って、費用がずっとかかるものなので、出来るだけ安いほうがいいという意見はある意味的を得て当たっています。
しかし、投資形態をインデックスファンドならいいですが、アクティブファンドを選んだ場合はどうでしょうか?
アクティブファンドの運用のパフォーマンスを上げようとすれば、ファンドマネージャーは一生懸命働かなくてはなりません。
銘柄・会社の調査の時間、手間はインデックスよりはとても大きなものになるでしょう。
そこで、信託報酬があまりやすいファンドの場合は、はっきり言ってしまえばファンドマネージャーに払うお給料が安くなってしまいます。

ファンドマネージャー業界で平均より安いお給料の職場に、本当に優秀なファンドマネージャーが来るでしょうか?
よく考えればわかる話ですよね。
そうです、とくに、アクティブファンドの場合は信託報酬だけで、選んではいけません。
信託報酬が安いけど、運用益が上がらないのであれば元も子もないからです。
ですから、アクティブファンドを選ぶ場合は、信託報酬だけでは判断しないようにしましょう、特に初心者の方は安く済ませようと必死になっているとおもいますのでここはチェックしておきましょう。

FX投資にもコストはもちろんあります。FX業者を選ぶ際にランキングなどからコストの少ない業者を選ぶといいでしょう。FXランキングサイトを参考にするといいと思います。FXランキングなどから様々な面で自分に合った業者を選ぶことが利益に繋がる重要なポイントです。

check

パーカー ボールペン 名入れ

最終更新日:2017/8/18

COPY RIGHT (C) 投資について考える.08 All Right Reseved 2008